車両保険

車両保険には2種類あります

車両保険には大きく分けて2つの種類があります。ひとつは「一般の車両保険」、そしてもうひとつは「エコノミー車両保険」です。

エコノミー車両保険の最大の特徴は、その名前からもおわかりの通り保険料が安いことです。ただし、保険料が安いのにはそれなりのワケがあります。エコノミー車両保険は、保険料が安い代わりに、一般の車両保険と比べて補償の範囲が限定されているのです。

最近では、エコノミー車両保険といえば、車対車の事故を中心に、「火災・爆発」、「盗難」、「台風・洪水・高潮」、「騒じょう」、「物の飛来・落下」、「いたずら・落書き・ガラス破損」などの場合にも補償されるタイプが主流ですが、実はここまでの補償範囲で自動車事故のかなりの割合がカバーされていて、むしろ補償されない場合について考えたほうが早いくらいなのです。

一般車両保険とエコノミー車両保険

それではエコノミー車両保険で補償されない事故とはどのようなものでしょうか?ここで真っ先に思いつくのが単独事故です。崖からダイブしてしまうようなハデな事故はもちろんのこと、塀やガードレールでこすってしまったなどの日常的なものがこれに該当します。

ところで自動車保険は、基本的に保険金の支払いを受けると翌年度の保険料が割高になる仕組みになっていますので、小損害の事故であれば保険を使わずに自分で払ってしまった方がトクになるなんてこともありえます。このことは車両保険を選択するにあたって考慮すべき重要な要素となります。

またエコノミー車両保険では、車対車の事故については、相手の車や運転者・所有者などが確認されることを条件に補償されることになっているのが一般的です。したがって、当て逃げされて相手のナンバーさえわからないようなケースでは、保険金の支払を受けられないことになってしまいます。

免責金額とは?

車両保険について考えるときにもう一つ忘れてはいけないのが、免責金額の設定です。車両保険には免責金額というものがあって、保険会社は契約時に設定された免責金額を超えた部分についてのみ補償すればよいことになっています。

免責金額は、初回の事故と2回目以降の事故について、それぞれ5万円から10万円程度の金額の組み合わせを選んで設定します。現在では、初回の事故について免責をゼロとすることができるようになりましたが、以前は5万円程度の免責を設定したうえで、特約により一定の場合に限って免責をゼロにするパターンが一般的でした。ちなみに初回というのは「1保険年度(保険始期から終期までの通常は1年間)で最初の事故」という意味で、1年間に2回以上の事故を起こしてはじめて2回目の免責金額が適用されることになります。

最近は初回の免責をゼロ、2回目以降を10万円とするのが主流のようですが、この金額を高めに設定することで保険料を抑えることができますので、「保険料が高くて車両保険が付けられない」という方は、高めの免責金額で保険料を試算して比べてみることをおすすめします。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
    


このエントリーをはてなブックマークに追加