自動車保険 安いのは?

やっぱり安い!ダイレクト自動車保険

テレビのコマーシャルなどで最近よく目にするダイレクト(通販型)自動車保険。そのおすすめのポイントは、何といってもとにかく「保険料が安い」ことです。ダイレクト自動車保険を販売する保険会社は、できるだけ人の手を介さずに消費者に保険を直接届けることによって、安い保険料を実現しています。

また、これまで保険販売の主役であった代理店に代わって、電話やインターネットでの販売が中心になっていますので、基本的に時間や場所の制約がありません。つまり思い立ったら好きな時に保険に加入することができますので、急いでいる人や忙しい人にとっては、この点も大きなメリットです。

しかし、一つだけ気をつけなければいけないことがあります。ダイレクト自動車保険は手軽に手続ができることの裏返しで、昔ながらの対面販売と比べて「相手の顔」が見えにくく、消費者の自己責任で契約の内容を理解しなければなりません。

とはいえ、難しくてめんどくさいイメージが先行する自動車保険を、少しでもカンタンに理解できるようにご案内していきますので、アナタにピッタリの安い自動車保険をみつけてくださいね。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  

自動車保険は比べれば安くなる

保険料の安さには定評のあるダイレクト自動車保険ですが、同じ契約条件であっても保険会社によって保険料に意外に大きな差が生まれることがあります。また、自動車保険の保険料を決める契約条件はとても多くの要素の複雑な組み合わせで成り立っていますので、どの保険会社の商品が安いのか、見積もりをしてみないとわかりません。

つまり、一番安い自動車保険を見つけるためには、すべての保険会社の見積もりをとる必要があるのですが、保険料を見積もるための質問項目は結構多いので、1社ごと個別に依頼していたら、かなりの時間と労力を覚悟しなければなりません。

でもご安心ください。最近では1回の入力作業で複数の保険会社に一括して見積もりを請求することができる便利なサービス(自動車保険一括見積もりサービスといいます)が用意されています。詳しくはコチラのページで紹介していますので、ぜひともこのサービスを活用して一番安い自動車保険を見つけましょう!

自動車保険比較のポイント

複数の保険会社の自動車保険を比べて選ぶ際に欠かせない「自動車保険一括見積もりサービス」ですが、見積もりを比べるときにいくつか注意すべきことがあります。実は、保険会社によっては、提示された保険料を算出するための条件が、一括見積もりサービス利用時に入力した条件とビミョーに異なっていることがあるのです。

特に以下のポイントについてはしっかりと確認し、条件が異なっているようであれば、保険会社のサイトなどを利用して、できるだけ条件をそろえた見積もりを比べてみることにしましょう。

車両保険の種類
車両保険には、ほとんどの事故をカバーする「一般車両保険」と、補償の範囲を限定することで保険料を安く抑えた「エコノミー車両保険」があります。どちらを選ぶかで保険料が大きく異なります。
車両保険の保険金額
車両保険の保険金額は、補償の対象となる車の市場価格をもとに設定されるのですが、保険会社によって金額に幅があります。きちんと比較するためには同じ保険金額でそろえた見積もりを用意したいところです。
車両保険の免責金額
車両保険に設定することができる免責金額は保険会社によって異なります。免責金額は高く設定すれば保険料が割安になりますが、事故のケースによって自己負担が発生することになりますので、慎重に検討しましょう。あわせて「車対車免ゼロ特約」(車対車の事故について一回目の事故の免責をゼロにする特約)の有無についてもしっかりと確認しておきましょう。
搭乗者傷害保険の有無
人身傷害保険が付いていれば、搭乗者保険は無くてもよいという考え方もありますが、事故でケガをすると想定外の出費がかさむこともありますありますので、できれば付けておきたいところです。保険会社によっては外した条件の見積もりが提示されることがありますので要注意です。


このエントリーをはてなブックマークに追加