自分自身や同乗者のための補償はどうする?

自分自身や同乗者のための補償(その1) 人身傷害保険はどうする?

人身傷害保険は、単独事故や、自分の過失が明らかに大きい場合、あるいは事故の相手方が無保険であった場合などに、治療費などの心配をしなくても済むように備えるためのものです。

人身傷害保険では、相手方に全面的に責任がある事故を想定して、その相手方から賠償を受けられたはずの部分が、その補償の対象となります。

具体的にはケガや死亡・後遺障害による、治療費、休業損害、精神的損害、逸失利益、葬祭費などが考えられますが、これらについて契約時に設定した保険金額を限度として、保険会社が認めた金額が支払われます。

人身傷害保険には、歩行中や自転車搭乗中に交通事故の被害にあった場合などにも補償されるタイプと、保険契約した車両に乗っている場合に限って補償されるタイプの2種類ありますが、補償範囲が限定されるタイプの方が保険料は割安になります。

事故でケガをして働けなくなったりすると想像以上にお金がかかります。保険金額は一般的に3,000万円から設定できますので、最低の保険金額でも人身傷害保険を付けておいた方がよいでしょう。

人身傷害保険について詳しくは >コチラ

自分自身や同乗者のための補償(その2) 搭乗者傷害保険はどうする?

搭乗者傷害保険は、契約時に決めた保険金額にもとづいて死亡・後遺障害保険金や医療保険金が支払われる定額の傷害保険です。医療保険金には、入院や通院の日数に応じて保険金が支払われる「日数払」タイプと、ケガの部位や症状に応じてあらかじめ決められた額が支払われる「部位・症状別払」をはじめとする一時金タイプの2種類ありますが、最近では一時金タイプが主流になっています。(最終的に受け取ることができる保険金の額は、日数払の方が大きくなると思いますが、部位・症状別払は保険料が割安なうえ治療中であっても保険金を受け取ることができます。)

搭乗者傷害保険は、以前は対人・対物賠償保険とともにパッケージ化されていたのですが、人身傷害保険が登場してからは外してしまうこともできるようになりました。しかし、事故でケガをすると想像以上に出費がかさむこともありますので、治療中でも保険金を受け取ることができる搭乗者傷害保険もあわせて付けておくことをおすすめします。

搭乗者傷害保険について詳しくは >コチラ

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  



このエントリーをはてなブックマークに追加