愛車の補償はどうする?

車両保険には2種類あります

愛車の損害を補償する車両保険には大きく分けて2種類あります。ひとつは「一般車両保険」、そしてもうひとつは「エコノミー車両保険」です。まずエコノミー車両保険ですが、エコノミーという言葉からもおわかりの通り、その最大の特徴は一般車両保険に比べて保険料が安く設定されていることです。

エコノミー車両保険は補償の範囲を基本的に「車対車」の事故に限定することで保険料を安くおさえているのですが、実は自動車事故の大半は車同士つまり「車対車」の事故なので、エコノミー車両保険でも、事故による車両の損害のかなりの部分がカバーされることになります。

さらにこれに加えて、火災・爆発、盗難、台風・洪水・高潮、騒じょう、物の飛来・落下、いたずら・落書き・ガラス破損、などの補償が追加されていますので、実質的には補償されない場合について考えたほうが早いかもしれません。

単独事故にも備えたい場合は?

エコノミー車両保険で補償されない事故の代表的なものは単独事故(いわゆる自爆)です。崖からダイブしてしまうような大事故はもちろん、塀やガードレールに接触するといった日常的なものがこれに該当します。また、エコノミー車両保険でいうところの「車対車」の事故は、一般的に「相手の車」および「運転者」または「所有者」が確認された場合に限られますので「当て逃げ」の場合などは単独事故と同様の扱いとなる可能性があります。

単独事故についても備えておきたいということであれば一般車両保険を選択することになりますが、自動車保険は保険金の保険金の支払いを受けると、ほとんどのケースで翌年度の保険料が高くなってしまいますので(金額が小さい場合には保険を使わない方がよい、などというお話を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか)、エコノミー車両保険で安くなった分の保険料をためておいてイザというときに備えるという考え方もアリでしょう。

免責金額とは?

車両保険について考えるときにもうひとつ重要なことがあります。車両保険には「免責金額」というものを設定する必要があるのですが、免責金額はカンタンにいえば事故があった場合に自己負担すべき金額のことです。(実際に自己負担する金額は事故のケースによってて異なります)免責金額は、保険期間を通じて、一回目の事故と二回目以降の事故についてそれぞれ設定しなければならず、大きな金額を設定すれば保険料が安くなります。

「保険料が高くて車両保険が付けられない!」という方は、車両保険をあきらめる前に、少し高めの免責金額を設定して見積もりをとってみることにしましょう。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  



このエントリーをはてなブックマークに追加