対物賠償保険

対物賠償保険とは?

対物賠償保険では、事故で他人の車などのモノを壊してしまい、その結果法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。 

ここでポイントになるのは「他人の」というところで、自分のモノや家族のモノは支払いの対象とはなりませんので注意が必要です。(この点は対人賠償保険についても同様で、自分の家族を轢いてしまうと、保険金が支払われないことになります。)

例えば、自宅で車庫入れの際に家族が所有する別の車や門扉にぶつけてしまうと、対物賠償責任保険の支払い受けることができません。

モノの損害も高額になることがあります

対人賠償保険については損害賠償の金額が高額になることが比較的イメージしやすいかと思いますが、対物賠償保険についてはどうでしょうか? 

実は対物賠償保険の補償について「無制限」を選択できるようになったのは、ほんの十数年前のことで、それ以前はほとんどの人が多くても1,000万円程度の補償を選択していました。

ところが、モノの損害についても近年賠償額が高額化する傾向にあって、1,000万円では足りないケースが数多く出てきています。

普通の自家用車であれば全損になったとしても通常それほど大きな損害額にはならないかと思いますが、信号機やトラックの積荷などが損害を受けた場合、損害額が1,000万円を超えてしまうようなことがままあるのです。

繁盛しているお店が営業できなくなったら・・・

さらに、事故によって営業に使っていたバスやタクシー等が使用できなくなった場合や、商店が損壊して営業できなくなった場合など、本来であれば得られたはずの利益についても対物賠償の対象として考えておかなければなりません。

1日に数百万円、数千万円を売り上げるような商店が営業できなくなった・・・なんて考えただけでも恐ろしいですよね?

えっ、相手方との交渉をしてもらえない?

ここでもう一つ大きなポイントがあります。自動車保険に入るにあたって、経済的な補償が大事なのはいうまでもありませんが、同じくらい大切なのが「相手方との交渉」(つまり示談交渉)を保険会社が代わりに行ってくれるサービスが付いていることです。

ところがこのサービス、想定される損害賠償の金額が明らかに保険金額を超えてしまうようなケースでは、保険会社に相手方との交渉をお願いすることができず、自分で示談交渉を行わなければならなくなってしまうのです!

それでは補償はいくら必要?

対物賠償保険の保険料は、保険金額を1,000万円から無制限に引き上げてもそれほど大きく変わりません。
イザという時に足りなかったではすみませんので、「無制限」にしておくことを強くおすすめします。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  


このエントリーをはてなブックマークに追加