対人賠償保険

対人賠償保険とは?

対人賠償保険では、事故により自動車に搭乗中の人(自分が運転する自動車の同乗者も含みます)や歩行者などの他人を死傷させてしまい、その損害が自賠責保険で補償される限度を超えた場合に、「その超えた部分について」保険金が支払われることになっています。

従って、場合によっては保険金の支払額が自賠責保険の範囲内におさまって、結果として任意保険は必要なかったということもありえます。

自賠責に入っていれば対人賠償保険は必要ない?

自賠責保険ではケガの場合で最高120万円の保険金が支払われますので、これだけでも十分のような気がしますが、事故の被害者に賠償すべき金額には事故でケガをしたことによるさまざまな費用が含まれてきます。

例えば、ケガをして入院したことによる治療費はもちろんのこと、入院して働けなくなったことによる所得の減少なども考慮しなくてはいけません。その他もろもろ、あれよあれよという間に120万円を超えてしまうなんてことも十分に考えられます。

損害賠償の金額は高額化しています

また自賠責保険では、死亡の場合には最高3,000万円(重度後遺障害の場合には最高4,000万円)の保険金が支払われることになっていますので、対人賠償は少し上乗せして5,000万円くらいで良いではという意見もありますが、近年対人賠償は高額化の傾向にあって、一億円を超えるケースもめずらしくなくなってきています。

示談交渉サービスが受けられないことも

加えて、相手方への損害賠償の金額が保険金額(補償の限度額)を明らかに超えてしまうようなケースでは、保険会社が提供する「示談交渉サービス」を利用することができなくなってしまいます(つまり自分で示談交渉をしなくてはなりません!)ので、対人賠償保険の保険金額は「無制限」にしておくことを強くオススメします。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  


このエントリーをはてなブックマークに追加