ノンフリート等級制度(その2)

等級すえおき事故は1等級ダウンに

これまでは、盗難や台風、洪水、高潮などによって車両保険の保険金を受け取った場合などは、「等級すえおき事故」として、保険金を受け取ったとしても翌年適用される等級は前年の等級のままにすえおかれることになっていましたが、保険会社各社は2012年10月以降順次、1事故につき1等級引き下げ(1等級ダウン)、事故あり契約者用の低い割引率を適用するように(1年間無事故で過ごせば、無事故契約者と同じ割引率が適用されます。)するよう、取り扱いを変更しています。 (変更時期や変更内容は各社によって異なります。)

ノーカウント事故

ところで、一定の事故(たとえばケガをして人身傷害保険の保険金を受け取るなど)については、保険金を受け取ったとしても事故がなかったものとして通常の事故なしの場合と同様に1等級アップする「ノーカウント事故」というものがあるのですが、これについては、これまで通り変更ありません。

継続手続きを忘れると割引がパーになることも

ノンフリート等級制度では、満期の時期にきちんと際に継続の手続きを行えば、前年度の等級を引き継ぐことができますが、契約継続のタイミングで一定の期間内に手続きを行わなかった場合には、それまでの等級アップによる割引が継承できなくなってしまいますので満期日の管理には十分注意する必要があります。 (一部の保険会社では、契約者から継続しない旨の意思が示されない限り、自動的に契約を継続する特約も用意されています。)

車を買い替える前に保険会社に相談しましょう

車の買い替えなど、被保険自動車を変更(車両入替)する必要が生じたときには、保険会社にその旨を通知して承認を得る事で契約内容を引き継ぐことができます。これにより、それまでの割引等級を継承することが可能となりますが、対象となる車の車種によっては入れ替えが認められず、新規契約としてまた6等級からスタートしなければならないこともありますので、入れ替えの前に早めに保険会社に相談することをおすすめします。

 安い自動車保険をさがすなら自動車保険一括見積もりが一番!
 無料で最大22社の見積もりをカンタンにくらべて選べます。
 
  


このエントリーをはてなブックマークに追加